より高機能に進化

現在無線LAN規格はIEEE 802.15シリーズも開設されて種類も10以上に増えていますが、一般的にWi-Fiと言えばIEEE 802.11シリーズを指します。
無線LANの普及を遅らせたもう1つの理由は設定が複雑である事です。

そうした設定手順を簡素化しさらにセキュリティーへの懸念を一掃するシステムを開発した事で、Wi-Fiは一気にユーザーを増やしていきます。
最初は公共高速無線LANとしてビジネスマンをターゲットにした、モバイル無線LANが大々的に売りだされていましたが、Wi-Fiを活用する事でトータルでかかる経費を安く抑える事ができるとわかると、一般の人にまでユーザーが拡大していきました。
アクセスポイントも公共施設に限らずにカフェやコンビニなど民間店舗でも参入が進んでいきましたから、回線接続に不便をほとんど感じずにネットを楽しむ事ができています。

屋外ではやはり無制限に使えるモバイルWi-Fiの方が使い勝手良さを感じやすいですから、屋内外で回線を使い分ける方法が主流となっています。
そうした中で誕生したWiMAXは超高速通信が可能とあって、特に屋外でのネット接続が主流となっている人たちからの人気を集めています。
スマホやタブレットなど携帯端末が多数開発された事もWi-Fiの普及に大きく貢献しています。

IEEE 802.11

IEEE 802.11が開発された事は、無線LANの進化に大きく貢献をする事になるのですが、アクセスポイントの設置に膨大な経費がかかる事や、1つの回線接続しかできないという事がネックとなって、次の一歩が出なかったのは言うまでもありません。
さらに無線LANを開発企業の特権として免許制にしていた事も影響しています。

それに思い切った改革をした企業がありました。
大胆な値下げおよび不免許制で、誰でも自由にアクセスポイントの設置ができるようにしたことに加えて、高速化も図りました。
そしてついに無線LAN管理局によってIEEE 802.11が標準規格となりました。
この時に新規開設した無線LANをWi-Fiと名付けて本格的な普及に乗り出したのです。
ADSLというブロードバンド回線も開発されて長くインターネット業界の花形としてユーザーを増やしていきました。
その後も改良に改良を重ねてIEEE 802.11もacまで規格の種類が増えていきました。

ここまでくればかなりのスピードおよび大容量となりますから、今までのように容量制限にびくびくしながら動画を見る必要がありません。
ただし容量が向上した分だけ基地に依存するようになりました。
それをカバーするものとしてモバイルWi-Fiも開設されました。