IEEE 802.11

IEEE 802.11が開発された事は、無線LANの進化に大きく貢献をする事になるのですが、アクセスポイントの設置に膨大な経費がかかる事や、1つの回線接続しかできないという事がネックとなって、次の一歩が出なかったのは言うまでもありません。
さらに無線LANを開発企業の特権として免許制にしていた事も影響しています。

それに思い切った改革をした企業がありました。
大胆な値下げおよび不免許制で、誰でも自由にアクセスポイントの設置ができるようにしたことに加えて、高速化も図りました。
そしてついに無線LAN管理局によってIEEE 802.11が標準規格となりました。
この時に新規開設した無線LANをWi-Fiと名付けて本格的な普及に乗り出したのです。
ADSLというブロードバンド回線も開発されて長くインターネット業界の花形としてユーザーを増やしていきました。
その後も改良に改良を重ねてIEEE 802.11もacまで規格の種類が増えていきました。

ここまでくればかなりのスピードおよび大容量となりますから、今までのように容量制限にびくびくしながら動画を見る必要がありません。
ただし容量が向上した分だけ基地に依存するようになりました。
それをカバーするものとしてモバイルWi-Fiも開設されました。